MICEとは?企業にとってもメリットのあるMICEの詳細と実施ポイント

展示会などのビジネスイベントに関わっていると、「MICE」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。一方で、深い意味まで考えたことがないケースも少なくありません。そのため、企画担当者ですら「どうして注目されているのか」「自社にも必要なのか」判断できなくなってしまうのです。この記事では、企画担当者に向けてMICEの意味や魅力、実施ポイントを解説します。  

1.MICEとは         

1.そもそも「MICE」とは?なぜ注目されているのか?          

MICEとは、時代とともに認知度が高まってきた言葉です。その背景には、さまざまな要因が絡まっているといえるでしょう。以下、MICEの概要や注目されている理由を述べていきます。         

1-1.MICE」の意味       

簡単にまとめれば、MICEとは「国際的なビジネスイベント」です。Mは「MEETING(会議・セミナー)」、Iは「Incentive Travel(社員旅行・研修旅行)」、Cは「Convention Conference(学会・国際会議)」、Eは「Exhibition(展示会)」のイニシャルです。すなわち、4つの言葉が組み合わさってできた言葉だといえます。代表的なMICEとして、G20などのサミットが挙げられます。ただし、そこまで大規模でなくても企業が単独で開催するMICEも少なくありません。海外から人を招いて行う研修会、展示会などもMICEに含まれます。

これだけMICEが広まったのは、開催者にも開催地にも大きなメリットがあるからです。それゆえに、観光庁はMICEを積極的に誘致しています。具体的なメリットについては次の段落で解説していきます。

1-2.MICEはなぜ注目されている?

日本にMICEを誘致するため、観光庁は力を注いできました。その理由はまず、「経済効果が見込める」ことです。MICEが開催されれば、開催地の宿泊施設、飲食店などに多くの人が詰めかけます。その結果、地元の経済が爆発的に潤うことも少なくありません。あくまでも目安ではあるものの、1万人規模のMICEの誘致に成功すれば、その土地に38億円ほどの経済効果がもたらされるといいます。

 次に、「知名度アップ」のためにもMICEは魅力的なイベントです。有名な会議、会合などが行われた土地は、開催地として大々的に宣伝できます。「MICEが行われた場所」という付加価値が生まれ、今後の注目度も増すでしょう。その土地のブランドイメージを高めるには、MICE招へいが重要な手段のひとつとなっています。

そして、「大きな変革のチャンス」になるのも外せないメリットです。MICEが開かれれば、世界中から優秀なビジネスパーソン、識者が集まってきます。彼らと日本の企業、行政がネットワークを築ければ、今後の利益につながっていくでしょう。MICEをきっかけに新しいアイデアが生まれることもあり、イノベーションのきっかけとしても大切な機会なのです。

2.MICEを実施すべき企業と実施のメリット

国がMICE誘致に力を入れている一方で、企業も活発な動きを見せるようになっています。特に、外国人をターゲットにしている企業ならば、MICEは大きなビジネスチャンスです。MICEの外国人参加者は通常の観光客と比べて、消費額が大きい傾向にあります。すなわち、MICE参加者を狙った商品、サービスを提供できたなら、企業は短期間で莫大な利益を得ることも可能なのです。そのほか、海外のネットワークを強めたい企業、会場になりえる施設を持っている企業、イベント会社などにとってもMICEを実施する意義は大きいといえます。

ただ、こうした即自的な効果以外にもMICEのメリットはあります。MICEが開催された場合、人やお金はもちろん、モノや情報すらも1箇所に集まってくるでしょう。こうした状況は、予期せぬ出会いやつながりを生み出します。優秀な人材同士が関係を強めたり、意外なサービスが外国人に評価されたりして、日本企業のあり方に変革がもたらされるのです。自社のビジネスを前向きに変えていくための空間として、多くの企業がMICEを検討しています。

3.MICEを行う際のポイント          

参加者は観光ではなく、ビジネスを第一の目的として開催地に訪れます。そのため、騒々しい環境はMICEに向いていません。また、参加者はビジネスの疲れを癒せるような空間も求めています。主催者側は参加者が快適に過ごし、ビジネスに集中できる環境を整えなくてはなりません。それらに加えて、アクセスの便は不可欠な要素です。空港からホテルや会場までの距離が長いと、それだけ参加者の負担になってしまうでしょう。時間も無駄になっていくので、ビジネス目的の来訪としては非効率的です。できる限り、移動距離が短くなるように工夫します。

さらに、多国籍の人々が集まる以上、さまざまな言語にも対応しなくてはなりません。会場のアナウンスや貼り紙などは大きなポイントです。食文化も国によって大きく変わるため、「口にできるものがない」という人が出てこないよう注意しましょう。そのほか、オフライン開催を決行するのであれば、現地ならではの楽しみを設けるのも肝心です。参加者が決められたスケジュールをこなすだけでなく、偶発性や体験性も大事にします。文化や人とのふれあいが盛り込まれていれば、参加者は楽しい思い出とともに帰ってくれます。

4.コロナ禍におけるイベント開催の意味とは?今後はどうする?          

MICEに限らず新型コロナウイルスの感染拡大により、オフラインでのイベント開催は以前よりも難しい状況になっています。そのため、MICEをオンライン開催に切り替える団体、企業も増えてきました。安全面を優先するのであれば、こうした動きに準じるのもひとつの選択肢だといえます。バーチャルリアリティなどの技術が進歩したこともあり、オンラインでもある程度はMICEに必要な情報を発信できるようにはなっています。リモートワークや他のイベントで、多くの人がオンラインの成功体験を得たこともMICEのバーチャル化を後押ししました。

一方で、オンラインでは対面だからこそ他者と通じ合える感動が失われてしまいます。また、どうしてもマニュアル通りの運営になってしまうので、イベントからの偶発性は薄まるでしょう。何より、実際に現地で人やモノとふれあう体験がないのはオンラインの大きなデメリットです。

そこで、「withコロナ時代」であっても、完全にオンラインへと移行するのではなく、オフラインの魅力を残そうとする流れも生まれてきました。感染対策の徹底が大前提にはなるものの、オフライン開催を検討してみてもいいでしょう。あるいは、オンラインとオフラインを融合してMICEを開催することも可能です。

5.MICEを開催したいなら!トーガシのトータルサポートを   

オンラインでMICEを開催したくても、感染症対策を完璧にできるか不安な担当者は多いでしょう。その場合、株式会社トーガシが提供する、イベントのトータルサポートがおすすめです。トーガシは展示会を中心に、オンライン開催・オフライン開催問わず主催者、出展社、来場者全員の満足を大切にしてきました。そして、感染症対策を行いつつ、リアルの会場でのMICEを支援しています。運営準備から事務局代行、会場指揮、次回開催の提案など、幅広い業務を請け負えるのが強みです。また、状況によってはオンラインで開催するノウハウも伝えられます。

さらに、トーガシはマーケティングや集客告知についても引き受けられます。気軽にトーガシへと相談してみましょう。そもそも、withコロナ時代のイベントは、従来以上に準備するものや工程が増えます。担当者だけで無事開催するのは非常に難しいといえます。プロフェッショナルのサポートを受けることで、安全に成功へと導くことができるでしょう。

 6.MICEを開催してビジネスチャンスをつかもう         

新型コロナウイルスの収束が見えない状況であっても、MICEの重要性は変わりません。むしろ、オンラインの切り替えが活発化している時期だからこそ、オフラインの魅力が際立つ面もあります。プロのサポートで感染症対策を施しながら、MICEのオフライン開催も検討してみましょう。そうすれば、企業に新たな利益がもたらされる可能性は高まります。      

7.「感染症対策・お役立ち資料」無料ダウンロード

㈱トーガシはあらゆる場面を想定し、感染症対策ガイドラインブックを作成いたしました。

イベントや展示会などの開催・出展を検討中だが、感染症対策はどうしたらよいのかお悩みの主催の方、会場や公共施設、学校や文化施設、ホテルやアミューズメントを運営・管理されている方などを対象に、多くの業種別ガイドラインを集約し一冊のガイドラインにまとめました。ポストコロナ社会のニューノーマルなイベント開催、会場運営、普段の業務の安全性確保にお役立てください。

また、すでに感染症対策を行われている方も「空港はどうやってるんだろう?」「ホテルのスタンダードは?」「冠婚葬祭は?」など業種別の参考にもご活用ください。