展示会施工・イベント企画なら株式会社トーガシ

rental/productsレンタル/販売商品

赤外線サーモカメラ【FLIR E4】のレンタル

金額
基本整備料:¥55,000
+レンタル料:¥22,000
(日数により変動あり)

感染症対策として、赤外線サーモカメラ【FLIR E4】をレンタル開始!
設置調整もお任せください!

サーモグラフィー本体だけではなく、パソコンやスタンドなどがセットになっており設置のお手伝いも致しますので、安心して運用いただけます!さらに詳しい資料は下記リンクよりダウンロードください

■サーモグラフィーカメラ【FLIR E4】の資料は「こちら」

  •  
        • ・発熱者の緊急対応用に一定温度以上の部分だけ赤くなる設定をした状態で出荷いたしますので、設置後すぐにご使用になれます。(設定の変更も簡単です)  
        • ・手に持って使うこともできますが、付属のスタンドに載せて人体の顔の高さに合わせて設置されることをお勧めします。
        • ・専用ソフト「FLIR Tools」をパソコンにインストールすれば、本体とmicro USBケーブルで接続して、リアルタイムでPCのモニターに本体の画像を映し出すことができます。(その場合、本体にUSBから給電されます)
        • ・本体のみで使用する場合は、micro USBのACアダプターを接続するか、内蔵バッテリー(約4時間使用可)となります。内蔵バッテリーが切れた場合は、付属のスペアバッテリーに入れ替えるか、ACアダプターを接続して内蔵バッテリーを充電しながらお使いください。
        • ・赤外線サーモグラフィーは、対象物から発する赤外線を検知し、表面温度を計測します。本機の計測温度範囲は-20℃~+250℃と、体温計測には十分な範囲です。視野角も45℃と、工業用の中では広い画角となっております。

        「感染症対策・お役立ち資料」無料ダウンロード

        ㈱トーガシはあらゆる場面を想定し、感染症対策ガイドラインブックを作成いたしました。 イベントや展示会などの開催・出展を検討中だが、感染症対策はどうしたらよいのかお悩みの主催の方、会場や公共施設、学校や文化施設、ホテルやアミューズメントを運営・管理されている方などを対象に、多くの業種別ガイドラインを集約し一冊のガイドラインにまとめました。ポストコロナ社会のニューノーマルなイベント開催、会場運営、普段の業務の安全性確保にお役立てください。また、すでに感染症対策を行われている方も「空港はどうやってるんだろう?」「ホテルのスタンダードは?」「冠婚葬祭は?」など業種別の参考にもご活用ください。 ※下記の画像をクリックし、フォームに入力後ダウンロードができます。

         

        赤外線サーモグラフィー【FLIR E4】仕様詳細

        サイズ 幅(W)55×奥(D)94×高(H)186m
        重量 312g
        メーカー型番 FLIR TG167
        ディスプレイ 2.0インチTFT
        解像度 176×220
        FOV(視野角) 50° x 38.6°
        温度範囲 -25℃ ~ 380℃
        測定精度 -25℃ ~ -10℃において ±3.0℃
        -10℃ ~ 0℃において ±2.0℃
        0℃ ~ 380℃において ±1.5℃
        カメラ周波数 9Hz
        放射率 0.01~0.99調整可能
        フォーカスモード フリー
        電源 充電式リチウムイオン電池
        連続使用可能時間 8時間以上(レーザーによる連続スキャンでは5時間以上)
        充電時間 100%に約6時間
        使用環境 -10℃~45℃
        保存温度 -30℃ ~ +55℃
        湿度 0~90%相対湿度(0~37℃)、0~65%相対湿度(37~45℃)、0~45%相対湿度(45~55℃)
        データ記録 付属のマイクロSDに保存(容量:約16GB)
        付属品 ストラップ、USBケーブル、ユニバーサルACアダプター、取扱説明書
        落下保護 最大2メートルに耐えられます

         

        【赤外線サーモグラフィーカメラ】レンタル商品の注意事項

        ※使用方法はお守りください。メーターが破損してしまう恐れがあります。
        ※レーザーポインターが作動しているときは最新の注意を払ってください。
        ※ビームを人の目に向けることはしないでください。
        ※爆発性ガスの近くや爆発の危険性があるところでの使用はやめてください。

      【赤外線サーモグラフィーカメラ】使用目的と活用事例

      その他、活用事例・利用シーンを紹介します。

      • 屋外でのタイルの温度
      • 道路のモルタル温度
      • 山の法面を朝と夜との温度差
      • 漏水検査
      • 雨漏り
      • 熱エネルギー研究
      • 生物の体表面温度測定
      • 溶接部の温度管理
      • 外壁の温度
      • 鋼管杭の温度
      • 外壁診断
      • 災害廃棄物処理業務
      • ダムの空洞調査
      • コンクリート内の空洞の温度変化
      • 気温変化
      • 製品の加工前と加工後の温度変化
      • 鋼板溶接構造物の温度変化
      • 配電盤が熱をもっているかどうか
      • ボイラーの温度変化
      • お風呂に入った後の身体の温度変化
      • 蒸気の温度
      • 人工芝の表面温度計測
      • 研究・実験過程の表面温度測定
      • 暖房器具による人の温度変化