サステナブルなイベントを開催する方法は?環境への配慮が重要!

SDGsに取り組む企業は、開催するイベントにおいても環境への配慮を踏まえた計画が必要な場合もあるでしょう。ただ、イベントでは多くの廃材がでることも珍しくないため、そういった取り組みが難しいと感じる人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではサステナブルな社会とは何かという点に触れつつ、サステナブルなイベント開催のポイントやアイディア、事例などについて解説します。

 1.世界的な目標!サステナブルな社会とは

 「サステナブル(Sustainable)」とは、「ずっと続けていける」という意味です。2015年、国連サミットで「持続可能な開発目標」を意味する「SDGsSustainable Development Goals)」が国際目標となって以来、世界各国でさまざまな取り組みが行われています。SDGsは17項目から成り立っており、この背景には世界中で問題になっている貧困、差別、資源の枯渇、テロや人権侵害などの解決を目指すことがありました。

つまり、「サステナブルな社会」とは、「自然豊かな地球で、未来永劫ずっと平和に暮らしていくことができる社会」を指します。そのためには地球環境を守り、資源も使いすぎないことが重要です。日本では、20206月、外務省が「持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて日本が果たす役割」を発表し、地方創生や女性の活躍推進、イノベーションなどを行っています。また、さまざまな業界においてもサステナブルが注目されており、イベント業界もそのひとつです。

【持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて日本が果たす役割】
SDGsを通じて、豊かで活力ある未来を創る      
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/pdf/2001sdgs_gaiyou.pdf

 2.サステナブルに反する?イベント開催時の課題

一般的に、イベント開催では会場の設営時に大量の資材を使用するため、その分多くの廃材が出てしまいます。特に、大規模なイベントになるほど環境負荷が上がり、それを避けるのは困難です。しかし、イベントはコストや時間との勝負であり、そのなかでは環境負荷にまで配慮する余裕がないというケースも少なくありません。

また、イベント業界においてはサステナブルなイベント作りがまだ一般的とはいえず、廃棄物削減のためのオプションも少ないといわれています。そのため、イベントにかかわるすべてをすぐにサステナブルにするのは難しいでしょう。

しかし、できる範囲で少しずつでも実施していくことが大切です。同時に、環境負荷を重要視するあまり、イベント自体の魅力が損なわれることは避けなければなりません。そのため、イベントの目的をしっかりと果たすことができ、かつサステナブルにできるものを見つけることが優先解決すべき課題になるといえます。

 3.サステナブルなイベントを開催するためのポイントとアイディア

「サステナブルなイベントを開催する」と考えるとハードルが高く感じる場合も多いかもしれません。しかし、実際には、工夫次第ですぐに実現できることもあります。そこで、こちらではサステナブルなイベント開催のポイントやアイディアなどについて解説します。      

3-1.適切な場所を選ぶ      

イベント開催地は、できれば電車などの公共交通機関を利用し、その後は徒歩で行くことができる範囲を選ぶのが理想です。そういった場所であれば車などで移動する必要もなく、排気ガスといった環境に悪影響が出やすいものを抑えることが期待できます。イベント内容などの都合上、車でなければ行けない場所で開催する場合はライドシェアの手配を検討するのも良いでしょう。ライドシェアであれば利用する車の台数も抑えることができるため、排気ガスに考慮したイベント開催を行うことができます。

また、イベント会場を新規設営するのではなく、既存のものを利用するのも良いアプローチのひとつです。たとえば、使われていない廃校やキャンピングカーを活用してイベントを行ったという事例もあります。こういった会場であれば元々あるものなので、廃材も最低限の量ですませることが可能です。現地にあるものを利用することができれば、輸送時の燃料削減につなげることができます。

3-2.リサイクルできるものを使用する          

イベントでパネルを使用する場合は、リサイクルできるものを用意するのも良いでしょう。素材によってはリサイクルしづらいものもあるため、必要に応じて段ボール素材で作成するのもひとつの方法になります。また、ハニカムボードを使用した展示スタンドはリサイクル可能で、好きな色に印刷しやすいことからおすすめです。

リボード什器

可能であれば、アメニティについてもリサイクル可能なものを選びましょう。たとえば、パイロットコーポレーションの油性ペンは、海岸で回収されたプラスチック素材で製造されており、環境に優しい文具です。毎年類似したイベントを開催している企業では年号や回数などを入れないデザインの施行物を作成し、10年以上もの間、同じものを繰り返し使用しているといった事例もあります。このような方法であれば毎回廃棄する必要もなく、手直しなどをするだけで再利用が可能です。

3-3.印刷物を減らす          

イベントで配布する資料についてはQRコード付きのものを作成し、ダウンロード方式にすることで印刷物を削減することができます。また、イベント向けの事前登録アプリを用意し、通知や更新なども含めて管理できれば紙も不要です。そのアプリにアンケート投票機能があれば、イベント参加者に感想を聞くなど、より効果的に使用できます。

印刷物のほうが良いといった場合には、環境に配慮したインクや紙を使用するのがおすすめです。たとえば、石油系溶剤を完全排除した藻類素材や再生植物油を使用したインク、バナナの繊維が原料となったバナナペーパー、廃棄予定だった竹やサトウキビの絞りかすを使用した非木材紙などは自然由来のものなので、環境に悪影響を与えることもありません。

3-4.レンタル・サブスクリプションサービスを利用する

短期間のイベントのために什器を購入し、終了後すぐに廃棄するというのは資源の有効活用としては好ましい状態とはいえません。什器が必要な場合は一定期間貸出可能なレンタルサービスの利用を検討するのもおすすめです。サブスクリプションサービスのように月額制などがあればイベント内容によっては安くつく場合もあるはずです。

こういったサービスは購入するより安く利用可能で、組立オプションやサービスがついている商品もあります。会場に合わせて組み換え可能で、持ち運びもスーツケースで簡単にできるタイプもあり、そういったものは活用しやすいです。ただ、イベントで使用するものすべてがサブスクリプションできるわけではありません。そのため、レンタル可能なものはあらかじめ調べておく必要があるでしょう。

リユース

4.サステナブルなイベントの実施例

サステナブルなイベントは、国内でも数多く開催されています。たとえば、2021年秋に東京でサステナブルファッション専門展が開催予定です。こちらのファッション展は2021年春にも開催しており、エコやリサイクル、アニマルフリーなどにこだわった製品が世界中から出展されました。ほかにも、「サステナブル・プレーパーク」というイベントでは段ボールで作成した遊具などを用意したうえで、環境に優しい遊びを提供しています。段ボールは軽く、子どもも安心して遊びやすい素材です。

さらに、同イベントでは使用済みのペットボトルで作る手作り楽器のワークショップも開催しました。ペットボトルは参加者に使用済みのものを洗浄したうえで用意してもらうことをあらかじめ知らせているため、開催者側で用意する必要もありません。「サステナブル・ミニマルシェ&キッチンカーブース」においても、リユース品やアップサイクル品、地元の取れたて野菜などが販売され、「地球に優しい」をテーマにした店舗が集まっています。

5.小さなことからコツコツと!サステナブルなイベントを目指す         

今回はサステナブルなイベントにするためのポイントなどを事例を含めて紹介しました。最初から100%実行するのは難しいかもしれませんが、できることから取り組むことが重要です。展示会やイベントのトータルサポートを行っている「トーガシ」では、エコな素材やシステムなどを活かしたイベント・展示会などの企画・制作などが可能です。自社に合った工夫を見つけるためにも、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。             

 

6.ホワイトペーパー:SDGs×展示会の未来

イベント、展示会の新しい在り方を考えるきっかけとして、3R(リデュース・リユース・リサイクル)素材、システム部材、などのご紹介から作例やSDGsに寄り添った企画などを資料にまとめました。
なんとなく気になっているけどイマイチわからない、、という方から、実際にイベントを企画しているがSDGsへの取組も必要と考えている企業様まで、参考にしていただければ幸いです。是非ご一読ください!
※下記のフォームへ入力後ダウンロードいただけます。

SDGsバナー