周年イベントの面白い企画アイデアとは?事例や成功ポイントを解説

周年イベントの担当者必見!この記事では周年記念イベントを成功させるポイントや事例を紹介するので参考にしてください。企業の創立を祝って5周年、10周年など区切りのよいタイミングで行われる周年イベント。従業員や取引先などお客様向けにイベントを企画することで、日頃の感謝を伝えたりコミュニケーションを円滑にしたりする効果が期待されます。  面白いアイデアを生かして周年イベントを成功させましょう!

1.周年イベントを企画する目的

周年イベントを企画する目的は社内向けなのか、それともお客様向けなのかによっても異なります。ここでは両者の場合で周年イベントを企画する目的をお伝えするので確認してみましょう。

1-1.社内向け周年イベントの場合

社内向け周年イベントの企画目的は、

・企業への帰属意識を高める
・部署や役職問わずコミュニケーションを円滑にする
・会社のビジョンや理念の共有
・日頃頑張っている社員に感謝の気持ちを伝える
・インナーブランディングの強化

企業への帰属意識を高める効果が期待できます。 その結果、仕事のモチベーションが高まる社員もいるでしょう。なお、社内向け周年イベントは企業理念を再認識する場としても最適です。切りのいいタイミングで開催する催しであるからこそどうすればインナーブランディングの強化につながるか検討しましょう。

1-2.お客様向け周年イベントの場合

お客様など社外向けに周年イベントを企画する目的は、

・日頃の感謝を伝える
・既存顧客とのロイヤリティ向上
・新規顧客との接点創出
・アウターブランディングの強化

日頃の取引に感謝を伝えるのはもちろん、関係性を強固にする、自社の価値を再認識してもらうといった目的があります。周年イベントを通して事業の存続をアピールし、自社への信頼を高めていくことを意識しましょう。

2.周年イベントの面白い企画アイデア

周年イベントが成功するのか否かは企画に左右されると言っても過言ではありません。ここでは周年事業の参加者別に面白い企画アイデアを紹介するので、参考にしてください。

2-1.関係者向けの周年イベント/インナーブランディング

企業の存続は社員や取引先などの関係者なしに成り立ちません。感謝を伝えるためにも企画内容にこだわってみましょう。 企画アイデアと関係者の興味を引くポイントをお伝えします。

1.周年パーティーや式典の開催

周年イベントの企画として最初に挙げられるのが、周年パーティーや式典の開催です。参加者に直接感謝を伝えられるほか、会社のビジョンを伝えられるなどのメリットがあります。 周年イベントにふさわしいイベント会場を選定すれば、普段とは異なる雰囲気も味わえるでしょう。 周年パーティーや式典を開催する場合におすすめの面白い企画コンテンツは、ゲストの招待ステージ演出バンドなどの音楽演奏、ファッション関係であればファッションショーなどもおススメでしょう。お祝いの場にふさわしい著名人を招くことで会場全体が盛り上がり話題を集められたりなど、非日常を演出することで印象的なイベントにすることができます。

2.周年旅行

関係者を労わる目的で周年旅行を企画する会社もあります。普段とは異なるシチュエーションであるからこそ特別感を演出したい場合や、感謝を伝えたい場合に最適です。 旅行先は自社に所縁のある場所を選ぶなど、ストーリーがあると価値を上げることができます。これまでも周年旅行を企画した事例がある場合、10周年などキリの良いタイミングで海外旅行を企画するのもよいでしょう。海外旅行は難易度が高いのであれば、2泊3日など宿泊日数を延長するのもおすすめです。

3.周年記念コンテンツやノベルティの制作

周年事業を通して会社の歴史を振り返りたい場合、周年記念コンテンツの制作がおすすめです。 会社の歴史がわかるWebサイトを制作すれば創立からの歩みを再認識できます。 なお周年イベント当日に欠席せざるを得ない関係者もいるでしょう。そのような場合に備えて、記念ノベルティを制作しておけば感謝の気持ちを伝えられます。 実用性の高いボールペンやクリアファイル、ステッカーなど定番ですが、少しイレギュラーでも自社らしさが出せるものを選ぶとよいでしょう。

4.周年きっかけのリブランディング

企業にとって大きな節目になる周年を記念して、社章やロゴ、名刺、ユニフォームなどをリニューアルなども社員のモチベーションアップにつながります。周年イベントの当日にコンセプトの発表など、プレゼンテーションしてみると良いでしょう。

2-2.顧客向けの周年イベント/アウターブランディング

消費者向けに製品を販売している企業は、周年事業を通して顧客にも感謝を伝えましょう。ここでは、戦略的に実施することでブランディングの強化を図れる企画アイデアを紹介します。

1.広告の出稿

「〇〇周年」など創立を祝う文言を記載した広告を出稿することで長い歴史を刻んできた企業だとアピールできます。その結果、消費者の信頼獲得につながるケースもあるでしょう。 なお広告の出稿は、企業や製品のターゲット層に沿った媒体を利用するのがポイントです。 マス広告(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ) デジタル広告(インターネット上で配信される広告) セールスプロモーション広告(チラシ、デジタルサイネージ、交通広告) 上記3種類の中からどの媒体が効果的なのか検討してみましょう。

2.限定品の販売

周年イベントの一環として、限定品を販売する企業は少なくありません。 特定のタイミングでしか販売しない限定品を作ることで顧客の購買意欲を引き立てられます。 ニッチなファンを獲得している製品の場合、周年事業限定アイテムとしてコレクションを展開すれば注目も集められるでしょう。

3.キャンペーンやイベントの開催

周年イベントを通して売上の拡大を図りたい場合、キャンペーンやイベントの開催がおすすめです。多くの消費者にメリットがある企画になれば見込み顧客の獲得にもつながります。 「〇〇周年」と企業の存続をアピールしながら大特価セールを開催することで、一般消費者にも強い印象を与えられます。
10周年など特別なタイミングの場合、数回に分けて大特価セールを開催するのも一つの手段です。 その他、周年イベントの面白いアイデアとして工場見学など顧客の注目を集められる企画も検討してみましょう。どれだけ多くの見込み顧客に印象を残せるのか踏まえて検討することで、企業や製品への注目度を上昇させられます。

4.新規事業や新サービスの発表

大きな企業イベントの一つである周年記念のタイミングで新規事業や新サービスを発表することで、通常よりもドラマチックに印象付けるとともに社内外に浸透されやすくなるでしょう。

3.周年イベントの企画を成功させるポイント

アイデアのイメージ

成功する周年イベントの企画には共通点があります。担当者は企画の面白さだけでなく、下記でお伝えするポイントも意識しましょう。

3-1.開催目的とゴールを共有する

どんなイベントを開催する場合も、目的とゴールを明確にする必要があります。誰を対象に何を成し遂げたいのかという軸が定まっていれば中身のない周年イベントになるのを避けられるでしょう。 企業の威信をかけて取り組む周年事業であるからこそ、開催意義を明確にして社内の企画部署で共有するのがイベント成功につながるポイントです。
なお、数字でイベントの成功可否を判断できる基準を設けるのも忘れてはいけません。関係者向け、顧客向けとそれぞれの場合で評価方法を話し合っておきましょう。

3-2.社員を巻き込む

企画部署や上層部のみが満足するイベントで終わらないよう、企画段階からどれだけ多くの社員を巻き込めるのか意識しましょう。会社が一方的にビジョンや理念を共有する場になっていないか注意が必要です。 企画部署を新たに設ける場合、さまざまな部署から人員を選定したり公募制にしたりするとより多くの社員を巻き込めます。

3-3.今後のビジョンを伝える

周年イベントという大きな節目を迎えて社員のモチベーションが低下しないよう、今後のビジョンを伝えましょう。これから会社としてどのような動きをしていくのか計画を発表することで、次の周年事業に向けた目標を可視化できます。 周年事業の企画部署は社員に会社の将来性を伝え、モチベーション向上を図ることを忘れないようにしましょう。

3-4.当日の運営をスムーズに行う

周年イベントの企画を成功させるポイントは目標設定だけではありません。開催当日の運営をいかにスムーズに行うのかということも検討しましょう。 どれだけ面白く魅力的な企画に仕上がっても、当日の運営が滞ると企業のイメージが低下する恐れがあります。社内外の関係者から不信感を持たれないためにもリハーサルを行い、円滑な運営を心がけましょう。
イベント運営経験がない企業の場合、当日の進行を代行してくれる会社に外注するのもおすすめです。経験豊富なイベント会社とタッグを組めば、面白い周年事業の企画アイデアを提案してくれるかもしれません。

4.周年イベントの面白い企画事例

他社はどのような周年イベントを企画しているのか気になる担当者は多いでしょう。 ここでは、イベント会社のトーガシが企画や運営に携わった事例を紹介します。周年事業を面白く魅力的な企画にするアイデアもお伝えするので参考にしてください。

4-1.Wrangler 75th Anniversary Event

ジーンズブランド「Wrangler」の生誕75周年を記念し、Wrangler 75th Anniversary Eventが開催されました。トーガシは壁面制作や什器の手配など会場全体の演出にかかわるディレクションを担当。 マネキンにWrangler製品を着用させるなど愛好家の満足度が高まる仕掛けを提案しました。当日は、人気ミュージシャンや識者のトークイベント、限定アイテムの販売など、アメリカ3大ジーンズブランドの名にふさわしい周年イベントとなりました。

4-2.ライフサポート・エガワ様 60周年記念イベント

有限会社 江川運送店として1962年に誕生したライフサポート・エガワ様の60周年記念イベントを全体のディレクションから会場選定、ステージ演出、運営、空間装飾など、トータルでサポートさせていただきました。 社員への感謝を伝え帰属意識を高めたいというご要望を受け、参加者の活力になるようなイベント企画をご提案。先方のイベント運営人員が少ないという不安を解消できる体制作りを整えるなど、一緒にイベントを作り上げていくことを意識しました。 その結果、社員の喜ぶ顔が見られた、家族から素敵な会社と褒められたなど嬉しい反響をいただいております。

▼詳しい内容を「トーガシが選ばれる理由」としてまとめていますので下記リンクよりご覧ください。

その中で、社史の見せ方の提案として「歴史ストリート」として会社の歴史から、歴代のユニフォームなどを展示した通路を作成し、3DVRとしてアーカイブ化しました。

5.周年イベントは企業アピールの絶好のチャンス!

企業の歩みの中で大きな節目に開催される周年イベントを成功させるためにも、目的とゴールをはっきりさせましょう。なぜ周年事業を実施するのかという意義が明確になっていれば、企画しやすくなります。 社員のモチベーションや帰属意識を高めるために、魅力的な企画に仕上げることも忘れてはいけません。面白い企画になればインナーブランディングの強化にも役立ちます。
どんな周年事業にしたらいいのかわからない 面白い企画が思い浮かばない このような悩みを抱えている担当者の方はぜひトーガシにお問い合わせください。数々の周年イベントに携わってきたスタッフが貴社のイベントにかける想いを伺った上で最適な企画を提案させていただきます。 「まずは見積もりが欲しい」などのお気軽なご相談も受付中です。

6.【資料DL】会社を強くする!周年イベント成功ガイド

企業イベントの中でも周年イベントは記念となる重要なイベントです。それゆえに担当者は頭を悩ませるものです。ここでは「″会社を強くする!″周年イベント成功ガイド」と題して、ホワイトペーパーを作成いたしました。参考にしていただき周年イベントを成功させましょう!
※送信完了後、記入いただいたメールアドレスに資料を送付いたします。

ホワイトペーパー・バナー