展示会やイベントなど空間デザインに関する情報をお届け展示会やイベントなど空間デザインに関する情報をお届け

イベントマーケティングに本腰を入れたい!効果や実施方法を解説     

企業の販促として有効なものにイベントマーケティングが挙げられます。ただ、「イベントを開催しているものの、ビジネス上の効果をあまり実感できない」「初めてイベントを開催するが勝手がわからない」と悩むケースも多いのではないでしょうか。そこで、この記事では本格的な取り組みを検討している企業の販促・広告担当者に向けて、イベントマーケティングのメリットや得られる効果、取り組む手順やポイントについて解説します。

巻末に、あらゆる場面を想定した感染症対策ガイドラインブックをご用意しております。

イベント開催のチェックシートとしてご活用ください。   

1.イベントマーケティングとは?   

イベントマーケティングとは、さまざまなイベントを通じてリードの獲得や育成、自社PRや商談の創出などを行う手法のことです。自社が開催するセミナーや展示会などを通じて、営業効率の高い販促活動を行うことを主な目的としています。イベントマーケティングはオフラインだけではなく、オンラインで開催するウェビナーなども含まれます。イベントマーケティングを効果的に行うと売上や認知度アップに大きく貢献できるとして取り組む企業も多いのです。

ただ、十分な効果を得るためにはしっかりと下準備を行い、ポイントを押さえておく必要があります。よく考えずにイベントを実施するだけでは効果が上がらないため、取り組む際は入念に計画を練ることが重要です。     

2.イベントマーケティングのメリット!期待できる効果とは?

効果的なイベントマーケティングを実施できた場合、さまざまなメリットを得られます。主なメリットには、以下のようなものが挙げられます。まず「親和性の高い顧客とコミュニケーションがとれる」ことです。イベントマーケティングに足を運ぶ人はもともと自社に興味を持っており、購買意欲が高い傾向にあります。そのため、短い期間でも親和性が高い顧客と積極的にコミュニケーションがとれるのです。効果的にアプローチを行い、効率的に販促活動を行えます。

次に、「商材の価値を強く印象付けられる」ことがメリットです。展示会といったオフラインイベントは、自社の製品やサービスの価値を強く印象付けるのにぴったりの場です。たとえば、手触りや使い心地、質感や色合いなど直接見て触れてもらうことで、商材の魅力を知ってもらうことができます。また、直接顧客と対面して商材の説明ができるため、より訴求性の高いアプローチを実現できます。

そのほかにも、「SNSやメディア露出を期待できる」ことが強みです。面白いイベントを開催できれば、その様子や商材がSNSやメディアで取り上げられる可能性もあります。その結果、製品やサービスがより多くの人の目に触れる機会を作れるのです。商材の効果的なPR活動につなげられます。

さらに、「データマーケティングに生かせる」ことが利点です。イベントを開催して多くの顧客と接することで、リード獲得につなげられます。性別や年代、職業といった顧客の情報を収集すれば、データマーケティングに生かすことが可能です。今後の販売戦略を練る際に大いに役立てられるでしょう。

3.イベントマーケティングの注意点・デメリット      

イベントマーケティングを開催するにあたり、いくつかの注意点やデメリットもあります。まずは、「手間と費用がかかる」ことです。マーケティングに効果的とはいえ、イベントの開催にはそれなりの手間と費用がかかります。

イベントの種類や規模にもよりますが、たとえば会場の手配や備品の用意、来場客への告知やイベントスタッフの調達など、さまざまな準備が必要になるでしょう。万が一、効果的なマーケティングが行えなかったり、来場者数が少なかったりした場合、赤字になってしまう可能性もあります。

次に、「効果が企業のノウハウに左右されやすい」ことが挙げられます。イベントマーケティングの成功は、企業が十分なノウハウをもっているかどうかに左右されやすい傾向にあります。ただ、現状としてノウハウを持っている企業ばかりとはいえないでしょう。ノウハウ不足のままイベント開催をした場合、費用対効果が低く割に合わなかったり、十分な効果を得られなかったりするリスクがあることを念頭に置く必要があります。

さらに、「開催後のアフターフォローが必要」な点にも注意が必要です。イベントは開催後のアフターフォローが不可欠であり、顧客へのアフターフォローを怠ってしまうと反響を確認できなかったり、マーケティングの効果を十分に見込めなかったりするおそれがあります。イベントを開催すれば終わりというわけではないので注意しましょう。

4.イベントマーケティングの種類   

イベントマーケティングは大きく分けると「リアルイベント実施」と「オンラインイベント実施」の2種類があります。それぞれさらに細かい種類があるため、きちんと自社の目的に合うものを選ぶことが肝心です。具体的にどのようなものがあるのか、イベントマーケティングの種類について詳しく見ていきましょう。            

4-1.リアルイベント          

リアルイベントは展示会や販促イベント、セミナーなどをオフラインで開催するものを指します。すでに自社の商品やサービスを使っている顧客を対象にして招待し、ファン化を狙う目的としても多く活用されている方法です。

また、ほかの企業と合同で行う大規模展示会や、共催セミナーに参加する方法もあります。これにより、今までは自社の商材に関心の低かった人や、偶然商品やサービスの前を通りかかって目にした人などを顧客化できる可能性があるのです。

リアルイベントの大きなメリットは、対面で直接顧客とコミュニケーションをとって接客できることです。目の前でリアルな商材の魅力を伝えることで、売上アップや印象アップにつなげられます。さらに、目の前で顧客の素直な反応を知ることができるのも利点です。どのような部分に好意的な反応を示すのか、興味を示しにくいのかなど、データには表れない貴重な情報を得られます。

ただし、リアルイベントはどうしても多くの人が集まりやすい傾向にあります。開催するには新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、十分な注意を払う必要があるでしょう。

4-2.オンラインイベント   

オンラインイベントは動画やオンライン会議システムなどを通じて行うものです。コロナ禍の現状を踏まえて、オンラインイベントを開催する企業も増加傾向にあります。具体的には、セミナーをオンライン上で行うウェビナーやオンライン展示会、SNSマーケティングやコミュニティーマーケティングなどの種類があります。

オンラインイベントのメリットは、何といっても時間や場所の制約を受けないことです。全国のどのような場所からでも、インターネット環境さえ整っていればイベントに参加できます。そのため、顧客が時間や場所の制約を受けにくくなり、参加のハードルをぐっと下げられるのです。その結果、より多くの顧客がイベントに参加してくれる可能性を高められます。それにともない、オンライン上のイベントは感染症の不安なく実施できることもメリットです。イベントに人が密集することがなく、感染リスクを避けられます。

さらに、オンラインイベントはデータ収集できることが強みです。イベント参加時に年齢や性別などの情報を求めれば、顧客の傾向をつかめます。イベントで閲覧数が多い商材や滞在時間をチェックするなど、顧客の関心を数値化してチェックすることも可能です。これらのデータをもとに、今後のマーケティングに生かすことができます。

5.イベントマーケティング実施の流れ          

イベントマーケティング実施の一般的な流れをおおまかに説明すると、以下のようになります。まず、自社でイベントの目的を明確にするための企画を行う必要があります。方針が決まったら顧客に告知を行い、集客開始となります。

続けて、イベント開催に向けて準備に取り組んで、シミュレーションを行います。その後、実際にイベントを開催して顧客へのフォローアップを実施し、効果測定をするまでが一連の流れです。準備段階では企画書を作成してしっかりと関係者で共有をすることや、コンテンツの準備を行うことが重要になります。また、オフラインイベントを開催する場合は、会場の手配が必須です。イベント当日までにきちんと準備を行いましょう。     

6.イベントマーケティング実施のポイント   

イベントマーケティングを成功させるためには、いくつかのポイントがあります。主なポイントには、以下のようなものが挙げられます。まず「企画の段階で目的を明確化させる」ことです。イベントマーケティングの効果を十分に引き出すためには、企画段階で目的を明確化させる必要があります。目的を関係者に正しく周知し、それに沿ったイベントを設計しましょう。

さらに、「具体的な目標を決める」こともポイントです。目的を明確化したら、その後「どの指標をどの程度達成すべきか」という目標を決めておくことが肝心です。売上やアポイント数、クリック率といった何らかのアクション数など、具体的な数値を定めておきましょう。目標を設定することで、イベントの効果をきちんと計測できます。

そのためにも、必要なデータをしっかりと取得できる環境も準備しておきましょう。それに加えて、「営業と連携してフォローを行う」ことも重要なポイントです。イベントマーケティングは開催後のフォローによって、顧客獲得につなげられます。そのためには、営業とうまく連携をとることが大切です。お礼メールを送るといった活動を行い、会社の利益につなげていきましょう。

目的を果たせるイベントを開催しよう         

イベントは漠然と開催されることもあるでしょう。しかし、手間とコストもかかる以上、それはおすすめできません。的確なマーケティングによるイベントを実施し、会社の利益に貢献しましょう。ただ、リアルイベントの場合は感染症対策の徹底に自信がなかったり、オンラインイベントの場合は失敗せず目的を果たせるのか不安になったりする担当者も多いのではないでしょうか。

イベント開催に不安がある場合は、「トーガシ」に相談することがおすすめです。トーガシはイベント主催サポートや企画プランニング、運営事務局からリアルイベントの会場設営、空間演出やオンラインイベント施策まで、全面的にバックアップしてくれます。興味がある人は、詳細を問い合わせてみてはいかがでしょうか。

トーガシの新しいオンラインサービス「AddVal/アドバル」のご案内はコチラ

 

「感染症対策・お役立ち資料」無料ダウンロード

㈱トーガシはあらゆる場面を想定し、感染症対策ガイドラインブックを作成いたしました。 イベントや展示会などの開催・出展を検討中だが、感染症対策はどうしたらよいのかお悩みの主催の方、会場や公共施設、学校や文化施設、ホテルやアミューズメントを運営・管理されている方などを対象に、多くの業種別ガイドラインを集約し一冊のガイドラインにまとめました。ポストコロナ社会のニューノーマルなイベント開催、会場運営、普段の業務の安全性確保にお役立てください。また、すでに感染症対策を行われている方も「空港はどうやってるんだろう?」「ホテルのスタンダードは?」「冠婚葬祭は?」など業種別の参考にもご活用ください。※下記の「資料ダウンロード」をクリックし、フォームに入力後ダウンロードができます。

資料ダウンロード