空間広告マガジン

商品を魅せる 〜イベント出展でのディスプレイ作製〜

イベントや展示会出展をする際、厳選した商品をどのように見せていくかが重要です。
今回は装飾(ポスターやパネル)や配置(レイアウト)なども含めたものとしての「ディスプレイ」に焦点をあて、商品やイベントブースのアピール方法を紹介します。

1.ディスプレイの重要性

展示会の来場者は短い時間の中でブースを回ります。
その中で自社ブースの存在をアピールしていくには、ディスプレイの配置や見せ方を工夫し、他社との差別化を図ることが重要になってきます。
ここではその重要性と得られる効果について紹介します。

ディスプレイはなぜ重要なのか?

展示会やイベントでは、多くの出展者が看板やポスターを設置し、商品をアピールしています。
印象的なカラーでブースを見やすくしたり、映像や実際に体験できるようなスペースを用意したりするなど、オリジナル性を出して他社との差別化を意識しているブースもあります。

では、このようなディスプレイはなぜ重要なのでしょうか。
それは、来場者がそのブースで何を取り扱っているかを、より理解してもらうためです。

もしも商品が並んでいるだけで、看板やポスターなどが何もない場合、どんな会社がどういう意図で商品を出しているか伝わらないでしょう。
その結果、来場者は足を止めにくくなってしまいます。
また、気になってもどんな商品を扱っているのか、わざわざブーススタッフに尋ねるしかありません。
出展側も聞かれるたびに何度も説明を繰り返す必要があります。
そのような事態を防ぐために、ディスプレイ方法を工夫しなければならないのです。

ディスプレイを作り込むことで得られる効果とは

商品が何の説明もなしにただ並んでいるだけでは、何も伝わりません。
一目で何を扱うブースであるかが分かるようなデザインをする、商品の特性をはっきり伝える看板やポスターがある、デモストレーション映像を活用して商品のイメージを伝えるなど、見る人をより引きつける工夫をすることで、以下のような効果が得られます。

  • 商品を印象付けることができる
  • ブースのテーマや雰囲気を感じてもらえる
  • どんな商品を取り扱っているかがすぐ分かる

せっかくの展示会。
来場者に少しでも印象を残すためには、ディスプレイまで意識してブース作りをすることがポイントなのです。

2.ディスプレイ展示のポイント

展示会ブースを作る上で重要なのは、訴求力がある展示ブースを作り、いかに自社ブースへの来場者を増やすことができるかです。
同業他社が多く集まる展示会やイベント会場の中で、どのように注目を集めていくのか、ここではディスプレイの配置に注目し解説していきます。

ディスプレイ展示において「配置(レイアウト)」はとても重要なポイントです。
どんなに魅力ある商品も、展示方法一つで見え方もアピール力も変わります。

たとえば、一番売り込みたい商品をどこに配置するでしょうか。
複数商品を展示する場合、メインとなる商品は多くの人の目を引く中央に設置することがもっとも望ましいといえます。

また、ピンスポットを当ててより目立つようにしたり、設置場所だけライトのカラーを変えたりすることで存在感がさらに強調され、アピールしたい商品が一目で伝わるでしょう。

ただし、必ずしも中央の位置が正解とは限りません。
入り口付近に注目される仕掛けを置いたり、あえてブースの奥に重要な情報を置いたり、伝えたいポイントに沿ったディスプレイを検討しましょう。

3.ディスプレイの配置を考える

ここからは具体的にディスプレイの配置について考えていきたいと思います。

ディスプレイの設置にはさまざまな方法がありますが、今回はAIDMA(アイドマ)の法則を紹介します。
AIDMA(アイドマ)の法則は、Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の頭文字を取った「消費行動」の仮説です。
展示会やイベントで高い効果を生み出したい場合は、このAIDMAの法則を活用して考えてみるとよいでしょう。

展示会やイベント会場において、Attention(注意)やInterest(関心)は、人の視界に入ってはじめて機能します。
そのため、来場者の目線になって考えてみることがポイントです。

Attention(注意)やInterest(関心)は目線より少し上の高さで起きると、ブースに近付いて入ってもらうきっかけを生み出しやすくなります。
ポスターやパネル設置の際にぜひ活用し、来場者の注意を引くよう心がけてみてください。

Desire(欲求)やMemory(記憶)は感情的な要素です。
Attention(注意)やInterest(関心)が起きたものごとに対して、実際に見てみたい、聞いてみたい、触れて見たいといったDesire(欲求)につながります。

そこで見聞きしたものがMemory(記憶)です。
パンフレットやカタログなどの資料、展示商品などの手に届くものごとをMemory(記憶)となる部分に組み込んでおくと、商談や購買といったAction(行動)につながるでしょう。

この流れを活用することで、展示会スタッフは商品を直接来場者にアピールしやすくなり、来場者も質問などがしやすくなります。
互いに声をかけやすい環境ができてよい雰囲気のブースになっていきます。

4.視覚を捉えるレイアウト

ポスターやパネルを配置(レイアウト)するとき、目立つ色や形などを使ったポスターやパネルは、ブースの両端に設置することがよいとされます。
商品以外に注目できるポイントが増えることで、全体的な情報がバランスよく目に入るようになるからです。

たとえば、中央1カ所だけに目立つポイントを絞ってしまうと、せっかくブースに立ち寄ってもすぐに見終わってしまい、他のブースへ移ってしまいます。
つまり、ブースやアピールしたい商品を視野に捉えている時間が短くなってしまうのです。
人はものごとを比較して認識しています。
空間の中で見どころが複数あり、視点を移動できるポイントがある方が、見せたい場所を長く認識できるのです。

また、パンフレットやカタログは自由に取りやすいように設置しましょう。
ポスターやパネルといったツールを見て興味は持ったがブース内に入ってこない来場者が少しでもアクションを起こせるよう、入口付近へ配置するのがポイントです。

5.ディスプレイで引き込む動線づくり

ディスプレイを使用しブース内の動線を作ることで、「入り口」と「出口」のような「流れ」が生まれます。
人の動きを予測して、「動線」=「順路」を示すことで、展示会の来場者やスタッフがスムーズに動けるスペースも確保できます。
このようにディスプレイの配置や人の流れを計算して考える方法を「動線設計」と呼びます。
ストーリー性のある動線を作り、視覚や聴覚に訴えかけることで、より記憶に残りやすくなるでしょう。

たとえば、種類ごとに商品をまとめると、来場者は商品の種類を直感的に整理しやすく、動線に導かれる中で商品への理解が深まります。

また、入りやすい入り口であること、どんな商品を扱っているかすぐにわかること、といった見た目で理解しやすいブースであることもポイントです。

動線設計の際は「左回り(反時計回り)」が推奨されています。
理由は、人の動きが自然と左回りに馴染んでいるからです。
野球ベースや陸上競技のトラックも左回り。
マーケティングの世界でも、この「左回りの法則」がよく活用されています。
気軽に入れる空間と見やすく動きやすい動線を作り、多くの来場者をブースへ引き込んでいきましょう。

6.適切な商品数

ディスプレイに置く商品の数はどのくらいが適切でしょうか。
以前「展示会を成功へ導くブースデザインの考え方」の記事でも述べました、ディスプレイする商品の種類は、展示のテーマや統一感を考えて展示する商品の数を決めましょう。
また、複数の商品を展示する場合は、種類やテーマごとに分けてアピールすると理解しやすく、見やすいディスプレイを作ることができます。

まとめ

装飾(ポスターやパネル)や配置(レイアウト)なども含めたものとしての「ディスプレイ」に焦点をあて、商品やイベントブースのアピール方法を紹介しました。

AIDMA(アイドマ)の法則や動線設計など、ディスプレイやレイアウトにもさまざまな方法があります。
展示会やイベント会場の規模、ブースのサイズも毎回異なる中、どのような方法が適切かをぜひ検討してみてください。