プロモーション企画のすすめ方と重要ポイント!PRとの違いも解説

ここでは、プロモーションをしっかり理解し、実際に企画する際のすすめ方やポイント解説していきます。実際に何から始めるべきか悩む担当者も多くいるかと思います。組み立て方から整理して、効果的なプロモーションを成功させましょう!

1. プロモーションとは

企業戦略において、よく耳にする「プロモーション」ですが、一般的に「販促活動」とは区別されています。マーケテイングも販促活動と同義語と誤解されるケースが見受けられますが「Product、Price、Promotion、Place」いわゆるマーケティングにおける4Pで見てみると「どのような商品を、どのような価格で、どのようなプロモーションと、どのような流通経路を使って販売するか」つまり、商品やサービスを企画、販売する中での「一つの工程」といえます。

マーケティングにおける4P

①Product(商品)
②Price(価格)
③Promotion(プロモーション)
④Place(流通)

2. プロモーションミックスで考えるPRとの違い

PRとプロモーションの違いがわからない!という方も多いかと思います。ここでは「プロモーションミックス」という言葉で説明します。
プロモーションミックスとは、マーケティング戦略のひとつであり「広告宣伝活動」「広報活動(PR)」「販売促進活動(セールスプロモーション)」「人的販売の手法」を効果的に組みわせることを指します。ですので4Pも踏まえて考えると、マーケティング活動の一部分としてプロモーションがあり、プロモーションの一部分として広報活動(PR)があると言えます。

3. プロモーション企画のすすめ方

具体的に事前に決めておくべき項目などを見ていきましょう。

3-1.SWOT分析で現状把握

SWOT分析とは、競合やトレンドなどの外的環境と、自社の資産やブランド力、さらには価格や品質といった内部環境をプラス要因、マイナス要因で分けて分析するフレームワークの一つです。この4つの要因をふまえて自社、もしくはクライアントの現状把握をしましょう。

Strength(強み)
Weakness(弱み)
Opportunity(機会)
Threat(脅威)


3-2.課題から戦術を組み立てる

現状を俯瞰的にとらえながら、戦術を組み立てます。価格や品質に問題がある、認知度やブランド力が弱い、立地に問題があるなど、具体的な「打ち手」を出せるところまで、追求します。それをもとに解決策のアイデアとアクションを決めていきます。

3-3.目標達成指標と予算を決める

課題をクリアするための打ち手が決まったら、プロモーションで達成したい指標やゴール(KPI・KGI)を決め、それを行うための予算を出します。よく言われるのが「このプロモーションの効果がわからない」というのがあり、売り上げに即、直結しない場合も多くありますので、KPIのような中間指標を設定しましょう。

3-4.スケジュールの策定


様々な施策を同時に行う場合など、多くの人がかかわることになりますので「いつまで、何をする」の工程管理をチームとして共有します。

4. 伝わるプロモーションの企画書を作るポイント

何をするにでも、まずは企画書を作ることになります。そのポイントをここでは説明します。

4-1.全体のページネーションを決める

始めに全体の構成を組み立てると、やるべきことが自然と見えてきます。「ページネーション」と言われる、このページに何が入ってくるのかをまず決める作業です。
これはクライアントに提出する企画書(提案書)の一例ですが、
タイトル→現状分析→問題提起→ゴール設定→コンセプト→企画概要→プランニング→スケジュールのような流れで、必要であれば実績情報や見積書をセットにします。 企画書の流れ

4-2.簡潔にまとめる

どのような企画書でもそうですが、無駄に文字が多かったり、小さかったりすると初見で興味を失います。しっかりと相手に伝わる「強いメッセージ」を簡潔にまとめます。そうすることで、理解し賛同してもらいやすくなります。

4-3.視覚的に伝える

言葉で説明しにくいイメージや、概念図などは、画像や、グラフなどを効果的に配置して「パッと」見ただけである程度内容が理解できることが肝心です。

4-4.トーン&マナー

短くして「トンマナ」と言われる、カラーや構成のルールを決め、全体の統一感を守ることですっきりとして、クオリティの高い企画書が作ることができます。また、クライアントのブランドカラーやプロモーションする商品などのコンセプトカラーを中心に構成すると、さらに印象をよくすることができるはずです。

4-5.データで見せる

内容に信憑性を持たせるために、数字で見せることは効果的ですが、その数字に裏付けがあるのかを明示することが重要です。何をもとにした数字なのかを伝えたうえで「〇〇歳以上の80%以上が興味を持っている」などデータで見せると効果的です。

5. 外部パートナーとプロモーションの企画をする

やはりプロモーションの企画で一番大事なことはターゲットに刺さる「独自性のあるアイデア」を「どのような手法」で行うか、になります。自社で難しいと感じる場合は、専門知識のあるパートナーと協同で企画や、PRリサーチなどの調査データなどをもとに戦略を立てるなどもおすすめします。

6. 事例紹介

ここで株式会社トーガシのプロモーション企画の一例を紹介します。

6-1.日本酒のプロモーション企画

「日本酒を嗜む=日本有数の酒どころ、灘の酒を嗜む」と題し、楽しくおいしい灘の酒を味わってもらう、知ってもらう場を作り日本酒ファン=灘の酒ファン、ひいては神戸ファンを増やすことをメインテーマとしたイベントのプランニング企画です。会場には酒だるを配置し、オリジナルのサインやキャプションを制作し「灘の酒」をより身近に感じてもらえるようにディスプレイしました。灘の酒プランニング

6-2.全国キャラバンでの新商品プロモーション

新商品のドリンクを全国キャラバンでプロモーションする企画。「行商スタイル」をテーマに屋台で展開し、冷蔵庫や什器のトンマナを統一し、ポップさを演出しました。全国キャラバンでのプロモーション

7. 良い企画でプロモーションを成功させよう!

4大メディアの広告費をネット広告が抜くなど、大きな変化が起きているプロモーションやPR業界ですが、基本的な考え方は変わらずユニークなアイデアであり「企画の面白さ」が出せるかがポイントです。しっかりと魅力の伝わる企画を作り、プロモーションを成功させましょう。

8.「はじめやすい!企画書・提案書フォーマット」ダウンロード

何をするにも必ず「企画書は?提案書は?」となるものです。まずは構成から考えるにしても時間がかかってしまい業務に支障が、、などよくあることです。ここでは「はじめやすい!企画書・提案書フォーマット」と題し、企画書、提案書の違いから中身の構成案、さらにレイアウトのイメージサンプルを掲載した資料をご用意しました。ぜひご利用くださいませ。

※下記のフォームに入力後ダウンロードができます。企画提案書フォーマット資料